細胞培養自動化支援

バイオインダストリーの細胞培養業務では、品質・コスト・メンテナンスなど様々な問題を抱えています。 当社は、”自動化”をキーワードに解決策を提供いたします。

 


【プロジェクト事例】

  • 大量細胞培養を実現する、セルファクトリーオートメーションの構築
     →詳しく見る
  • 小規模臨床施設向けの小型自動培養ロボットの開発
    国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合機構(NEDO) ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクト/株式会社デンソーウェーブとの共同採択
     →詳しく見る

【細胞培養自動化の当社戦略と技術】

細胞培養の自動化を実現するためには、下記の3つの要素が重要です。

1.「アプリケーション」=どのような臨床治療を提供するのか?
2.「ミドルウェア」=細胞の特性・規格をどのように決定するか?

3.「ハードウェア」=自動化のプロセスをどのように機械工学として構築するか?

当社はこれら3つの要素技術を垂直に統合することで、自動化を実現いたします。
 →当社のStrategy & Technology map